トップページ > ブログ

岐阜・名古屋障害年金ジャパンのブログ

自閉症スペクトラム障害:雇用保険の基本手当をもらっていたら、障害年金はもらえないか? 

2019/07/07 障害年金総合

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金2級の額改定が決定した遠方の方(女性)の実績です。
1.病歴
その方(女性)は、さまざまな精神疾患で障害厚生年金3級を受給中でした。
雇用保険の基本手当を受給し、再就職をめざして職業訓練も受けていましたが、症状が悪化し、職業訓練も続けられなくなりました。
2.無料相談~受任~障害厚生年金2級額改定決定まで
障害厚生年金の2級への額改定をしたいと考え、他の社労士に相談したら「失業保険受けてるんでしょう」と拒否されたため、電話で私に無料相談がありました。
症状を伺うと、日常生活もかなり不安定であり、大量服薬、多くの他人とのトラブル、聴覚過敏など、とても就労には程遠い状態でしたので、2級は間違いないと考え、即座に契約させていただきました。
木の葉擦れの音で目が覚めるほど「音」に過敏、衝動買いが多く、多額の借金を抱え、飲食店等の客対応、学生の公共交通機関内のマナーの悪さに対して、飲食店等や学校に躊躇なくクレームを入れたり、電話でキレたりすることが多いとのことでした。
一方、ある店舗で、店員に対して難癖をつけている人(クレーマー)がおり、店員が困り果てているところを見て、クレーマーに対し、「あなたの言い分はおかしい」と抗議し、店員を助けるというような正義感もありました。
医療機関で検査を受けたところ、やはり発達障害(自閉症スペクトラム障害)の診断がありました。
本人も医師も失業保険(正確には雇用保険)をもらっているから、障害年金2級への額改定は無理という思い込みがありました。
希死念慮が現れ、就労はやはり無理なため、本人と医師が相談の上、雇用保険の基本手当を傷病手当に変更し、医師も額改定請求用の診断書を書いてくれることになりました。
大量服薬、他人とのトラブル、聴覚過敏に関するエピソードは非常に多く、それらを書面にまとめ、額改定請求書に添付し、手続きしました。
その結果、無事、3級→2級に額改定されました。
職業訓練も続けられず就労は無理だったため、私から「就労できないなら、2級は可能」とアドバイスされたことで、医師に診断書作成の依頼をする気になったとのことで、大変感謝されました。
3.雇用保険との関連(精神障害)
本人も医師も雇用保険の基本手当をもらっているから、障害年金2級への額改定は無理と思い込んでいました。
しかし、日常生活を伺うと、家事、金銭管理等、身の回りのこともできず、対人関係はトラブル続きであり、とても就労どころではないことは明白でした。
したがって、雇用保険は、基本手当から傷病手当に変更となりました。
雇用保険の「基本手当」は、失業した時に求職活動を容易にすることを目的として支給されるものであり、「傷病手当」は、求職の申込みをした後において、疾病又は負傷のために職業に就くことができない場合に、支給されるものです。
精神の障害に係る等級判定ガイドラインには、総合評価の際に考慮すべき要素の例として、就労状況に関して、次のような記載があります。
「労働に従事していることをもって、直ちに日常生活が向上したものと捉えず、現に労働に従事している者については、その療養状況を考慮するとともに、仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思疎通の状況などを十分確認したうえで日常生活能力を判断する。」
障害年金2級と雇用保険の基本手当を同時にもらうことは、精神障害の場合、一般的には難しいと言われています。
しかし、雇用保険に加入が必要な就労には、一般枠就労、障害者枠就労、就労継続支援A型、などいろいろあり、どのレベルの就労をめざしていても、障害年金2級は難しいと決めつけるのはあまりにも短絡的です。
今回の方は、就労は無理だったため、雇用保険を、基本手当から傷病手当に切り替えましたが、たとえ、就労を目指して基本手当を受給していても、日常生活能力から可能な就労(種類、内容)を見極め、その就労が障害年金2級に矛盾しない程度のものであれば、それを詳細に活字にすることにより、障害年金2級獲得は可能と考えています。

混合性結合組織病(難病):障害厚生年金2級額改定決定(岐阜・名古屋周辺域の実績)

2019/03/17 障害年金総合

混合性結合組織病(難病)で障害厚生年金2級の額改定が決定した岐阜・名古屋周辺域の方の実績です。
1.病歴
その方(女性)は、二十数年前に、倦怠感、レイノー症状があり、病院で診てもらったところ、混合性結合組織病と診断されました。
混合性結合組織病とは、全身性エリテマトーデス様、強皮症様、多発性筋炎様の症状が混在し、1993年に厚生労働省が特定疾患(指定難病)に指定した疾患です。
全身痛、足裏のただれなどで、歩行困難となり、シルバーカーが無いと、歩けなくなりました。
最近では、座位を長時間維持できないため、横になって食事をしていました。
また、肩の骨頭壊死のため、着替えも一人でできず、朝パジャマ姿のまま隣の家に行き、手伝ってもらい、着替えをするようになりました。
2.無料相談~受任~障害厚生年金2級額改定決定まで
数年前障害年金の請求をし、障害厚生年金3級とされ、その後症状が悪化し、2級相当となったため、2年ほど前に、独力で額改定請求をしましたが、障害等級は変わらず、3級のままとされました。
今回、再び障害等級変わらずとなるのは避けたいため、障害年金に詳しい社会保険労務士に相談した方がいいと考え、私に無料相談がありました。
私の事務所まで、車で1時間以上ありましたが、家族総出で相談に来られました。
腰は折れ曲がり、腕は充分には動かせず、一見して、この方は2級に間違いないと思い、即座に契約させていただき、準備を始めました。
医師に診断書を作成していただき、できあがった診断書を拝見すると、実態に合わない箇所、記載もれの個所が数点ありました。
例えば、自力で靴下が履けないのに、履けるような判定になっており、修正していただくために、病院を訪問し、修正していただきました。
額改定請求をし、無事、3級→2級に額改定され、大変喜んでいただけました。
3.診断書(肢体)
肢体の診断書で最も重要な部分は、日常生活における動作の障害の程度の欄です。
この部分が実態に合っていなければ、絶対に修正していただかないといけません。
そうでないと、実態に合った等級判定は得られません。
今回は、「靴下を履く」という項目の評価が全くおかしかったので、本人と共に病院に行き、再度検査・ヒアリングしていただき、修正していただきました。
一般の方は、医師が作成した診断書をそのまま受け入れ、申請してしまう方が殆どではないでしょうか?
2年前、その方が独力で額改定に使用した診断書コピーを拝見しましたが、呆れました。
実態にあっていない箇所があるどころか、「タオルを絞る」という項目の評価が空欄になっていました。
一般の方は、医師が書いた診断書に対して、修正を要求することはなかなかしづらいと思います。
また、肢体障害の場合、「日常生活における動作の障害の程度」は一般の方でもわかりやすい項目ですが、その他の記載項目は一般の方は理解しにくいと思います。
我々障害年金に詳しい社会保険労務士は、必ず診断書全面を細かくチェックし、おかしい部分は直していただきます。
是非、我々障害年金に詳しい社会保険労務士にご相談いただきたいと思います。

広汎性発達障害:小学生初診だが、障害厚生年金3級支給決定(岐阜・名古屋周辺域の実績)

2019/03/02 障害年金総合

広汎性発達障害で障害厚生年金3級(事後重症)が支給決定した岐阜・名古屋周辺域の方の実績です。
1.病歴
その方(女性)は、小学生の頃、ランドセルの中の荷物の配置、自室の中のランドセルの位置、学校からの帰宅順路などもこだわりがあり、友達から一緒に帰る誘いにも応じなかったようです。
小学生のときに、両親が離婚し、精神が不安定になり、学校を休みがちになり、母親に心療内科に連れて行かれ、強迫性障害と診断されました。
中学生になると、ほぼ休みなく通学し、高校生では、3年間皆出席であり、また簿記、英語、情報処理、など7種の検定試験に合格し、高校から表彰されました。
高校卒業後、就職し、製品の検査を担当しましたが、「著しい汚れ」といった検査基準に対応できない、厳格に検査しようとするあまり、他人が検査すると不良品が1割でも、彼女が検査すると不良品が5割になってしまいました。
また、共同作業では、自分の作業が几帳面すぎて遅いため、作業場全体の作業効率に影響し、共同の作業者から、「死ね、うざい」などと言われ、涙が止まらなくなる、満腹で気持ちが悪いのに、食べ続ける、などの症状が出てきました。
精神科に行き、診断書を書いてもらい、会社に提出し、同日退職となりました。
その後、障害者枠で会社に入社しましたが、同様のことがあり、長続きしませんでした。
その後、就労継続支援(A型)に入社し、配慮が行き届いていた職場でしたが、やはり人間関係に疲れへとへとになって帰宅する毎日でした。
2.無料相談~受任~障害厚生年金3級支給(事後重症請求)決定まで
私のホームページをご覧いただき、問い合わせをいただきました。
無料相談をしたいとのことで、母親に連れられて、来所されました。
小学生の時に初診があることを聞き、私も少し動揺しましたが、社会的治癒を適用できると考え、高校卒業後最初に入社した会社で精神科にかかった日を初診として、広汎性発達障害で裁定請求を行いました。
無事障害厚生年金3級が支給決定し、お母さま、ご本人共に大変喜んでいただけました。
3.社会的治癒
中学、高校の6年間、元気に通学していたため、中学、高校6年間の出席日数が記載された通知票すべて、高校時代に合格した検定試験の合格証書7枚、などすべてコピーを添付しました。
そのため、社会的治癒が認められました。
小学生の時の心療内科受診が初診となると、20歳前障害となり、障害基礎年金となってしまいます。
すると、1級、2級しかなく、3級はありません。
今回は3級相当の障害でしたので、社会的治癒を立証しなければ不支給となるところでした。
社会的治癒に救われた典型事例となりました。
4.自分に最も適した仕事
この方は典型的な広汎性発達障害でした。
今迄どの会社も、定性的な検査基準、共同作業が多く、適応は難しかったと思います。
彼女が適応できなかったのは、明白です。
しかし、白黒はっきりしている作業、一人で仕事が完結する、歩合制の仕事であれば、十分彼女の良さが発揮できます。
高校時代の多くの検定試験合格は彼女の良さが発揮された結果です。
彼女はタイピングの速さは自信があるとのことでした。
データ入力の仕事は彼女にぴったりと感じ、彼女、母親にお勧めさせていただきました。
広汎性発達障害のいろいろな方の障害年金のお世話をさせていただきましたが、長所があるにもかかわらず、長所を生かせる職場につけず、転職を繰り返し、苦しんでいる方を多く見てきました。
そのような方々も、是非自分に最も適した仕事を見つけ、幸せをつかんでいただきたいと思います。

うつ病:慢性咳嗽(咳)が初診として認められる(岐阜・名古屋周辺域の実績)

2019/02/03 障害年金総合

 うつ病で障害厚生年金2級(認定日請求)が支給決定した岐阜・名古屋周辺域の方の実績です。
1.病歴
その方(男性)は、会社でいじめを受け、咳と吐き気が止まらなくなり、内科で、慢性咳嗽(咳)と診断され、しばらくして会社にも行けなくなりました。
処方薬で症状が改善せず、2番目に行った病院でも急性気管支炎と診断されました。
3番目に行った病院は心療内科であり、そこで初めて、うつ病であることがわかりました。
一人では殆ど外出もできなくなり、食事、入浴、買い物、通院、など生活全般について同居者の介助を受けていました。
2.無料相談~受任~障害厚生年金2級支給(認定日請求)決定まで
私のホームページをご覧いただき、問い合わせをいただきました。
無料相談をしたいとのことで、同居者の方に連れられて、来所されました。
医師から、障害年金を勧められましたが、自分では難しそうなので、障害年金専門の社会保険労務士をいろいろあたった結果、3人目が私とのことでした。
今迄の二人とは、気が合わない、契約内容が折り合わない、などがあったようで、私に話がきたようです。
私と資料の準備を進める間も少し機嫌をそこねるようなこともありましたが、大きなトラブルは無く、うつ病で障害厚生年金の請求(認定日請求)を行い、無事障害厚生年金2級が支給決定し、大変喜ばれました。
3.初診日
最初に行った内科で初診証明をとると、「慢性咳嗽」とありました。咳嗽とは咳のことです。
通常は慢性咳嗽がうつ病の初診として認められることはありません。
2番目の病院では、やはり急性気管支炎と診断されましたが、咳の出る場面に状況依存性があるため、心因性咳嗽の可能性もあると考え、心療内科を紹介されました。
2番目の病院で、3番目の病院(心療内科)を紹介した経緯が記載された診断書が見つかり、その診断書コピーを添付することで、慢性咳嗽がうつ病の初診として受け入れられました。
単純に、1番目の病院受診が初診だろうと判断して、裁定請求をしただけでは、日本年金機構は初診日として認めてくれません。
今回のように、初診の傷病名と現在の傷病名が異なる場合は注意が必要です。
そのようなケースでは、是非障害年金に詳しい社会保険労務士にご相談ください。

双極性障害・広汎性発達障害:返戻後取下げ、再請求(岐阜・名古屋周辺域の実績)

2019/01/21 障害年金総合

 双極性障害・広汎性発達障害で障害基礎年金2級(事後重症)が支給決定した岐阜・名古屋周辺域の方の実績です。
1.病歴
その方(男性)は、小学校時代から不登校となり、中学に入り、病院を受診し、アスペルガー症候群と診断されました。
3ヶ月に1度、経過観察で病院を受診し、問診主体で服薬はありませんでした。
高校、専門学校時代は、すっかり回復し、通算6年間はほぼ皆出席で元気に通学していました。
しかし、就職後、人間関係がうまくいかず、会社に行けなくなり、精神科に通院し、適応障害(後にうつ病)と診断され、退職となりました。
その後再就職をするも、仕事に熱中しすぎる時期と布団から起きられない時期を繰り返し、転職を繰り返しました。
布団から起きられない時期は、言葉を発することもできないほどで、電話もできませんでした。
直近の病院では、双極性障害・広汎性発達障害と診断されました。
2.無料相談~受任~障害基礎年金2級支給(事後重症請求)決定まで
以前に障害年金請求の請求代理をさせていただいた方の友人が無料相談をしたいとのことで、お話を伺いました。
中学校時代は経過観察で病院にかかっていましたが、高校、専門学校時代通算6年間は、ほぼ皆出席で元気に通学されていたため、社会的治癒を適用できると考え、就職後初めの精神科受診を初診として、双極性障害・広汎性発達障害で裁定請求をしました。
しかし、その後3ヶ月程で、日本年金機構より返戻がありました。
社会的治癒が認められないため、中学校時代の精神科受診を初診として、障害基礎年金の裁定請求を検討ください、という内容でした。
やむなく、本裁定請求は取り下げ、中学校時代の初診で裁定請求を再度行うことにしました。
その結果、無事障害基礎年金2級が支給決定しました。
3.返戻時の対応
日本年金機構からの返戻時の対応について、詳しくご説明します。
高校、専門学校時代通算6年間は、ほぼ皆出席で元気に通学されており、社会的治癒が認められないのは不当であるため、このまま審査を続けてもらい、不服申立で争うことが妥当と考えていました。
就職後の初診であれば、障害厚生年金の裁定請求となり、1,2,3級とあります。
しかし、中学校時代の初診の場合、20歳前障害で障害基礎年金の裁定請求となり、1,2級のいずれかしかなく、3級はありません。
中学校時代の初診としてしまうと、受給の可能性は低くなります。
また、同じ2級であっても、障害基礎年金は障害厚生年金に比べ、金額が低くなります。
社会的治癒は一般に5年以上の寛解状態があれば認められるケースが多いと言われています。
高校、専門学校時代通算6年間は、寛解状態にあったことを示す証拠を裁定請求時に添付しており、充分社会的治癒が適用できるため、不服申立で争うつもりでいました。
対応方法について、その方の住居近くの喫茶店で長時間話し合いました。
不服申立で争いながら、予備的に中学校時代の受診を初診として請求をするといった、並行に進める案もご説明しましたが、その方は不服申立で争うことは望まない、ということでした。
残念ながら本裁定請求は取り下げ、中学校時代の初診で裁定請求を再度行い、無事障害基礎年金2級が支給決定し、結果的には社会的治癒を利用しませんでした。
4.社会的治癒
障害年金制度において、「社会的治癒」という概念は非常に重要であり、「社会的治癒」期間の証明によって、本来受給できなかった方でも受給できた方が多くいらっしゃいます。
一方、初診時の保険料納付要件を満たさないため、障害年金の申請を諦めてしまった方も多くいらっしゃるようです。
非常に重要でありながら、実は、「社会的治癒」について、明確な基準は一切ありません。
(前述の5年間という数字も、多くの社会保険労務士等が実績を積み上げ、得られた経験値です。)
厚生労働省は、社会的治癒が認められるかどうかは、個別に判断するとしています。
現在日本年金機構のホームページで公開されている全116頁の「障害認定基準」に「社会的治癒」に関する基準を半頁でも割いていただければ、障害年金制度がより身近で利用しやすい制度になるのではないかと思います。

次のページ »

無料相談会実施中