トップページ > ブログ

岐阜・名古屋障害年金ジャパンのブログ

統合失調症:社会的治癒を利用した方の事例

2021/01/30 障害年金総合

1.病歴
その方(男性)は30年程前、人間関係の悩み、及び肉親の不幸があり、うつ状態となり、心療内科を受診しました。
しかし受診は1回のみで、徐々に軽快し、仕事もしっかりできるようになりました。
さらにキャリアアップを目指して、福祉関係の資格をとり、従来以上の高度な仕事ができる部署に異動し、仕事を始めました。
しかし、新しい仕事は思った以上に難しく、現在の2年程前にうつ状態となり、心療内科を受診、会社も退職してしまいました。
再就職しましたが、仕事の過酷さから、うつ状態が重くなり、再び退職しました。
その後障害者手帳が交付され、就労支援施設に通所し始めますが、施設の職員が自分を尾行している、自室に盗撮カメラが仕掛けられている、といった妄想や幻聴の症状が現れるようになり、就労支援施設も退所しました。
そのため、うつ病から統合失調症と診断名が変更されました。

2.無料相談~裁定請求~障害厚生年金2級受給決定
遠方にお住いの方で、インターネットで問い合わせの相談がありました。
電話でお話を伺うと、理路整然とお話され、知能指数は高いように見受けられました。
この方の一体どこが統合失調症なのか?といった印象でした。
しかし、何度か電話でヒアリングを重ねると、妄想、幻聴があり、重い統合失調症であることがわかりました。
本人は、当初現実か妄想か判然としない出来事がいくつかあり、それが妄想であることがはっきりするまで時間がかかりました。
約30年前の初診では、国民年金初診となり、2年程前の初診では、厚生年金初診となります。
28年間はまじめにしっかりお仕事をされていたため、当時の同僚3名に社会的治癒の申立書を作成いただきました。
3名の申立書等で、28年間の社会的治癒を主張し、2年程前の厚生年金期間の初診を今回申請の初診として、傷病名:統合失調症で障害厚生年金の事後重症請求をし、後日無事に障害厚生年金2級が支給決定しました。
最初にお問合せいただいたときは、その方自身が障害年金をもらえるかどうかわからず、また私も最初の電話では、どこも病的な印象を受けませんでしたが、時間をかけて詳しく話を伺い、2級受給に結び付けられ、本当によかったと思います。


« »

無料相談会実施中