トップページ > ブログ

2020年12月

うつ病、注意欠陥多動性障害:仕事のオーバーワークが原因の事例

2020/12/26 障害年金総合

1.病歴
その方(男性)は幼少期から高校生までは、いじめで不登校になったり、忘れ物が多く先生に叱られたり、または遊びだしたら止まらない活発な時期があったり、浮き沈みが多かったようです。
就職後は、製造部の同期の中で一早く昇進し天狗になり、他の社員の反発で落ち込んだようです。
購買部に異動となり、仕入先への無茶な値引き交渉を指示され、下痢、不安感が続き、精神科を受診し、うつ病と診断されました。
その後軽快するものの、調子に乗って仕事をやりすぎてしまい、オーバーワークとなり、疲弊し、休職となりました。
その後復職しますが、担当の仕入先が多く、複数の仕入先のトラブルが同時に起き、1人ではお手上げ状態となり、部品納入が滞り、全社で大問題となり、どうにもならなくなり、再度休職となりました。
その後復職し、大きなプロジェクトを長時間残業の末、頑張ってやり遂げますが、プロジェクト完了の途端に燃え尽き症候群となり、何もできなくなり、三回目の休職となりました。
最初の頃はうつ病として、治療されていましたが、注意欠陥多動性障害もあることがわかり、その治療が加わりました。

2.無料相談~裁定請求~障害厚生年金3級受給決定
その方は遠方の方でしたが、精神障害に詳しい社労士を調べ、私に無料相談の問い合わせメールがありました。
その後電話で病歴、通院歴を伺いました。
優秀だが調子に乗りやすいタイプの方のため、どうしても調子がいいと仕事をやりすぎてしまい、オーバーワークとなり、精神的にまいってしまうということを繰り返していたようです。
現在通院中の医療機関に診断書を作成していただき、傷病名:うつ病、注意欠陥多動性障害で、障害厚生年金の申請をしました。
その結果無事、障害厚生年金3級が支給決定しました。
私も36年程サラリーマンをしてきて、同僚が疲弊して休職、退職したりを多数見てきました。
雇用する会社は社員の健康状態をしっかり把握していただきたいと同時に、本人自身もパンクする前に、時には仕事を断る勇気を持っていただきたいと思います。


双極性感情障害(躁うつ病):5年遡及で2級が認められた事例(岐阜・名古屋周辺域)

2020/12/05 躁うつ病

1.病歴
その方は10年程前、大学卒業後就職し、営業職をしていました。
1年も経たずに、営業成績トップとなりましたが、もっともっと売上を伸ばせと期待が大きく、その期待に応えようと頑張りすぎ、頭痛が酷くなり、疲れがとれなくなりました。
病院に行きましたが、1日のみの受診で自己中断してしまい、頑張って仕事を続け、頭痛、集中力低下がますますひどくなり、会社に行けなくなりました。
その後自殺未遂→閉鎖病棟入院を幾度も繰り返しました。
その後結婚、出産をしましたが、育児、家事はできずに、母親に依存していました。
母親は移動に1日かかる遠方に住んでいましたが、育児、家事をするため、度々泊まり込みで来てくれました。
母親、ご主人には迷惑をかけっぱなしで、生きているのが申し訳ない気持ちで、さらに自殺未遂を繰り返していました。

2.無料相談~裁定請求~障害厚生年金2級(遡及)受給決定
その方は岐阜・名古屋の近くで障害年金申請の代行をしてくれる社労士を調べ、私に無料相談の電話がありました。
電話で病歴、通院歴を伺いました。
非常に通院歴が多いことと、自殺未遂を10年間相当数繰り返していたことに驚きました。
しかし、営業成績トップながら発病し、病院を受診、最初の自殺未遂のところの話になると、当時のことを思い出し、泣き声になり、ヒアリングできませんでした。
遠方に住んでおられる母親に電話で、当時のことを詳しく聞くことにしました。
初診日は10年程前の厚生年金加入中、初診日から1年半後の障害認定日頃既に症状は重く、また現在も同様に重いため、認定日(遡及)請求可能でした。
障害認定日頃通院していた病院と、現在通院している病院に診断書を作成していただき、双極性感情障害(躁うつ病)で、年金事務所で申請手続きをしました。
結果、遡及2級が認められ、5年分の障害厚生年金の受給(相当高額)がありました。
今迄苦労をかけたご主人、相当高額な交通費をかけて往復を繰り返してくれた母親に報いたいとおっしゃっていました。


無料相談会実施中